トップページ>Tシャツの畳み方

Tシャツの畳み方

アパレル系の店舗経営の際に身に着けておきたいスキルに「洋服の畳み方」がございます。中でも取り扱いの多くなりやすいTシャツを美しく畳む事が可能であると、在庫管理や保管、お客様が試着等をした後の手直しもスムーズに行えます。

お店に並んだ状態を再現する畳み方

あらゆる畳み方がある中でも、やはりお店にTシャツが並んでいる状態が一番美しいと思えるのではないでしょうか?

実はその畳み方ですが、非常に簡単に再現する事が出来ます。

半袖と長袖でやり方が異なりますので、別々にご紹介いたします。

【半袖オリジナルTシャツ】
① Tシャツの衿部分を折らない様に避けて、横幅左1/4辺りを縦に折りたたみます。
(オリジナルのプリント面が表になるようにして)
② 右側も同じ様に折り畳みます。
③ オリジナルTシャツの縦幅半分になるように横一線に折ります
④ 縦幅がもう一つ半分になる様横におります
⑤ 終了

この様な手順で美しく折りたたむ事が可能であり、販売するオリジナルTシャツの包装を非常に簡単に製作する際にお役立ていただけます。

【長袖オリジナルTシャツ】
① Tシャツの肩中心当たりから服の内側に向かって折り返す。
(襟部分は避け、印刷面も表に出るようにして)
② 右に飛び出しているTシャツの袖は脇部分と平行にして服の中央あたりに収まるようにしており返す
③ 反対側も同じようにしており返しますが、袖を折る際に、②で折られた袖に重ねるようにしております。
(この時点では左右の袖が服の中央で重なりっているはずです。)
④ 袖ごと縦幅が半分になるように中央から横一線に折りたたみます。
⑤ もう一度縦幅がもう半分になるように折りたたみます。
⑥ 終了

長袖を折りたたむ際のワンポイントとしては、袖の折り返しを服の中央で重ねて制作してしまうところにあります。

是非一度お試しくださいませ。慣れてしまえば、オリジナルTシャツを立ったままだって折ってしまう事が出来、特注して通販で送られてきたバラバラの商品も瞬く間にディスプレイを作成する事が可能です。

お問い合わせはお気軽に。