トップページTシャツ書体見本>毛筆書体

毛筆書体

毛筆で書かれたようなデザインということで、和の雰囲気を持つ店舗様の制服・ユニフォームなど、漢字で「味」を出したいお客様にはお薦めです。

■楷書体(カイショタイ)

楷書体は習字の筆で文字の形、主に点と線を崩さずに一画一画丁寧に書いたようなフォントです。

この書体はフォントそのものが持っている雰囲気から、伝統的・厳しい・丁寧といった、和のイメージを与えます。日本的なイメージを与える和食居酒屋さんなどの店舗様のオリジナルTシャツによく使用しています。

毛筆書体-楷書

■行書体(ギョウショタイ)

行書体は楷書体の中で点や線を省略したり、繋げているため、「楷書」を崩した文字になっています。より線が曲がるので全体的に柔らかいイメージ、女性的なイメージ与えます。楷書で堅いと思ったときに使うのが効果的です。

毛筆書体-行書

■祥南行書体(ショウナンギョウショタイ)

日本伝統の水茎の跡流麗な美しさを表現。有澤祥南氏が考案した、縦組みに適したデザインに向いている書体です。

毛筆書体-祥南行書

■勘亭流(カンテイリュウ)

筆をうねらせるような動きの文字で、全体的に線が太いのが特徴です。勘亭流はお客が詰まる(満席になる)ほかにも、売上が右肩に上がるという願いも込めて、文字が右上に上がっている書体です。

毛筆書体-勘亭流

■寄席文字(ヨセモジ)

寄席の看板やめくりなどに使われており、「笑点」などでも用いられている有名な書体。客の大入りを願って、隙間のないように、太く書くのが特徴です。

毛筆書体-寄席

■ひげ文字(ヒゲモジ)

文字に「髭」がついているようなハネやハライのある書体。のぼりのデザインなどに用いられ、お酒の銘柄によく使われる書体になります。

毛筆書体-ひげ

■籠文字(カゴモジ)

字画が厚く、やや四角いフォントで反転文字として使用されることが多い。空席が少なくなるように縁起を担いで文字や線の間が出来るだけ無いように書かれます。幟旗のデザインなど太い筆文字が似合うものに提供しております。

毛筆書体-籠

■クラフト墨(クラフト スミ)

大胆でありながら力が抜けた、愛らしさを感じさせるフォント。飲食店などのデザインに多く用いられ、どこか和ませてくれる雰囲気をもっています。創作和風料理店のコスチュームに用いました。

毛筆書体-クラフト墨

■クラフト遊(クラフト ユウ)

遊び心があるクラフト墨を直線に直した書体。モダンかつ暖かみがある書体で、レトロな洋食店の店舗にマッチしている文字になります。

毛筆書体-クラフト遊

■隷書体(レイショタイ)

全体的に横に平らで、横線が水平かつ流れるように描かれている書体。昔から中国で使用されてきたということで、「伝統的」、「歴史がある」「懐かしい」といったイメージを感じさせます。

毛筆書体-隷書

■唐風隷書体(トウフウレイショタイ)

名前からわかるように唐の時代に良く使用されていた書体。隷書の特徴を大幅に残し、強弱をはっきりさせたものになっています。印鑑ショップ等のTシャツに使われることの多いフォントです。

毛筆書体-唐風隷書

■龍門石碑体(リュウモンセキヒタイ)

世界遺産である河南省洛陽の龍門石窟の石碑に使用されている書体が起源。中華料理屋等の制服に使用しました。

毛筆書体-龍門石碑

■風雲体(フウウンタイ)

思い切りが良く勢いのあるイメージが湧く書体で、戦国時代の戦場で掲げられていたのぼりに使用されていました。名前からもわかるように風や雲を切るような爽快なフォントになっています。

毛筆書体-風雲

■康印体(コウインタイ)

名前からもわかるように印鑑にて印字されたような形で、少しかすれた書体です。オリジナルTシャツのワンポイントに使用されることが多いです。

毛筆書体-康印

お問い合わせはお気軽に。