トップページTシャツ書体見本>基本書体

基本書体

パソコンの標準書体として使用されています。パッと見たときに認識しやすく存在感があるので、オリジナルTシャツの作成に最も使用されているフォントです。

■角ゴシック体

角ゴシック体は活版印刷の時代にできたと言われる書体です。明朝体と比較すると、文字の幅が均一で、ハネやトメがないのが特徴です。

角ゴシック体は明朝体についているウロコがなく、文字の幅が均一なことから、シンプルなイメージを与えます。文字が細くなるとシンプルな感じが強調され、太くなると力強さ、素朴さを掛け合わせたような文字になります。

お客様より指定がない場合は、ほとんどがこの角ゴシック体でデザインされます。

基本書体-角ゴシック

■明朝体

ゴシック体と共に基本のフォントのひとつであり、どのOSにも搭載されている、上品・知的というイメージのオリジナルTシャツのデザインには欠かせないフォントです。

明朝体はハンコを連ねていくような印刷方法(活版印刷)の時代にできたといわれているフォントです。横の線が細く、縦の線が太いフォントで文字のトメやハネの部分にウロコができるのが特徴です。

また線に抑揚があるので、引き締まっているといったイメージを与えます。

基本書体-明朝

■丸ゴシック体

ゴシック体の中でも線のカドが丸いものを丸ゴシック体と言います。

ゴシック体の中で線の先が角張っているものを角ゴシック逆に線の先が丸いものを丸ゴシックといいます。線の幅や字形によって、新細丸ゴシック体や平成丸ゴシック体、DF太丸ゴシック体などの種類があります。

丸ゴシック体はゴシック体のイメージを少し柔らかくした感じになるので、女性的なイメージ、ソフトなイメージを与えます。

お弁当屋さん・スーパーなど、柔らかい雰囲気のTシャツのデザインに用いられる事が多いです。

基本書体-丸ゴシック

お問い合わせはお気軽に。