トップページ色見本>紺色系の色見本

紺色系の色見本

紺色とは暗い紫みの青を指す事が多いです。寒色に属し、藍色の系統の中では一番深いとされている。和の店舗様のオリジナルTシャツに使用されることも多々あります。

※こちらはプリント用の色見本です。Tシャツ生地の色見本ではございません。

紺色画像01
和名は鉄紺(てつこん)、トーンはダーク。
インクブルーとはインクのような暗い紺に鉄がつき緑みになった紺色。和名の鉄紺は、藍は濃く染めると紫みの青になるが、あまり紫にならないもののこと。
紺色画像02
和名は茄子紺(なすこん)、トーンはダーク。
インディゴとはもとはインド藍で染めた濃い紺色。とくに紫みの紺のことを茄子紺(なすこん)と表現する。
紺色画像03
和名は紺色(こんいろ)、トーンはディープ。
ロイヤルブルーとは古代ローマ帝政のころから高い地位の象徴とされていた紫みの濃い紺色。紫を帯び青に深みが混ざることで高貴なイメージが出る。英国王室のオフィシャルカラーでもある。
紺色画像04
和名は濃藍(こいあい)、トーンはディープ。
ネイビーとはイギリス海軍の軍服にちなんだ藍染の濃い紺色。黒に近い強い青。
紺色画像05
和名は瑠璃色(るりいろ)、トーンはビビッド。
ラピスラズリとは深く澄んだ紺色。和名は古くから尊重されてきた宝石のひとつ、瑠璃が由来。群青と呼ぶ青色の岩絵具として古くから使用されてきた。
紺色画像06
和名は紫苑(しおん)、トーンはビビッド。
アスターとはキク科で青紫の花が由来の紺色。和名はシオン(紫苑)の花の色からきている。
紺色画像07
和名は灰青(はいあお)、トーンはダル。
ウィンタースカイとは冬空のようにグレーを帯びた鈍い紺色。
紺色画像08
和名は青藤(あおふじ)、トーンはライト。
ラベンダーとは芳香のあるラベンダーの花の紺色。明るい青紫の代表の色となっており、青みを帯びた藤色が由来。

お問い合わせはお気軽に。